2006年03月30日

人体の神秘

練習後、右腕がものすごい腫れてました。
いつぶつけたんかも分からんだので、気づいた時はかなりあせったよ・・・
単なる打撲だったがやけどね。多分。
そんで、いつもの手首と肘を冷やしてもらうついでに打撲のとこも冷やしてもらおうとトレーナーさんに言ったら、隣におったマネさんから「人間の体って不思議だよね?」みたいな事を言われました。
確かに気づいたときはすごい腫れとったし、時間がたった今はだいぶ腫れがひいちゃってる。ほんとに不思議だけどね・・・
だけど、「いつぶつけたん?」とか「大丈夫なが?」とか第一声はもうちょっと怪我のことを気にかけて欲しかったよ・・・

まぁ、おもしかったから良しとするか。
明日こそ病院へ行きます。
怪我の保険金がおりてほしいなぁ・・・
posted by エンゾー at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。